0

【Ai】かすれたグランジ文字をつくる方法

【Ai】かすれたグランジ文字をつくる方法

メインキャッチなどをインパクトのあるイメージで配置したいときに、テキストがかすれた感じ(グランジ風)にする方法をご紹介します。細めのフォントよりも太めのフォントの方が、わかりやすく表現できると思います。

今回は、簡単にできる「不透明マスク」を利用して、チャチャッと作ってみたいと思います。

1.テキストを配置

まずは、[新規]より任意のサイズのアートボードをご用意ください。そこにグランジしたいテキストを配置します。

テキストを配置する

サンプルでは「DESTRUCTION(破壊・壊滅)」という文字にしてみます。

2.かすれた素材を上にのせる

無料素材などで拾えるもので良いと思いますので、細かい「かすれ」が出ているベクター素材をテキストの上に配置してください。サンプルでは、「freepik」よりお借りした下のものを利用しました。

かすれた感じの素材を上にのせる

かすれた感じの素材を上にのせる

3.不透明マスクを作成を適用

下に配置した「テキスト」と、上にのせたかすれたベクターを両方選択し、[透明]パネルの[パネルメニュー]から[不透明マスクを作成]をクリック。

不透明マスクを作成を適用する

すると以下のように、テキストが見えなくなります。そうしたら[クリップ]のチェックボックスを外してください。

不透明マスクを作成を適用する

すると・・・

不透明マスクを作成を適用する

4.背景に画像を配置

POPやバナーで利用することを想定して、イメージしやすく背景を入れてみます。かすれた感じがよく似合う石目調の画像を配置してみました。

背景に画像を配置

なんか雰囲気出ましたね~。でもこのままだと文字が見えないので、白文字に変更してみます。

5.完成

テキストの色を変更したら完成です。テキストをアウトライン化したりする必要もなく重ねて「不透明マスク」をかけるだけなので簡単に出来ますね。

完成

他にもグランジ風を表現する方法はありますが、簡単な方法なので是非とも活用してみてはいかがでしょうか。重ねる素材によって「かすれ感」も色々表現できると思いますので、アレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

mororeco > Illustrator > 【Ai】かすれたグランジ文字をつくる方法