0

Photoshopで波を描く簡単な方法

Photoshopで波を描く簡単な方法

冬の海と夏の海。同じ海でもその表情は違って見えるのは気温のせいだけなのでしょうか?

ちょっと季節外れですが、Photoshopで波を描く簡単な方法をご紹介したいと思います。

 

 

1.背景を用意

まずは背景となる空のレイヤーを用意します。

w1

 

2.新規レイヤーを追加

空のレイヤーの上に新規でレイヤーを作成し、横に適当なサイズでラインを引きます。

w2

 

3.フィルターを適用

「フィルタ」→「変形」→「波形」を適用します。

w3

「波数」「波長」「振幅」「比率」値はプレビューを確認しながら任意で設定してください。

w4

 

4.塗り足し

波形を適用したら下の部分を塗り足します。

w5

 

5.海面が完成

緩やかな波が漂う海面が出来上がりました。

w6

 

6.アレンジ

そのままだと味気ないので、帆船でも浮かべれば完成です。

w7

知らないと使わない「フィルタ」のひとつですが、こんな使い方があったんですね。

これでいつでも海が描けるようになりますね。

 

以上になります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

mororeco > PhotoShop > Photoshopで波を描く簡単な方法