0

【Ai】筆で書いたような墨溜まりのつくりかた

【Ai】筆で書いたような墨溜まりのつくりかた

日本語フォントには色々な筆文字がありますが、なんだかどれもお寿司屋さんのお品書きみたいな印象であまり使いやすいとは言えないなぁ~と感じているのは、私だけではないと思います。

そこで、既存の明朝体やゴシック体をほんの少しアレンジすることで、筆文字の持つ独特の「墨溜まり」を表現する方法を試してみたら、なんだかいい感じになったのでメモしておきます。

簡単なので是非試してみてください。

1.テキストを配置する

試しに「墨溜まり」という文字を配置してみました。お好きなテキストを配置してみてください。

テキストを配置する

2.パスのオフセットを適用する

テキストを選択し、[効果]メニューから[パス]→[パスのオフセット]を選択します。

オフセット:2mm
角の形状:ラウンド
角の比率:4

この設定でOKです!すると以下のような少し太字になります。

フリ仮名も同じように適用しておきます。

こんな感じ。

3.パスのオフセットを複製する

[アピアランス]パネルの[パスのオフセット]を複製します。

複製ができたら「下に配置してあるパスのオフセット」をクリックし、設定を変更します。

オフセット:-2mm
角の形状:ラウンド
角の比率:4

フリ仮名も同じように適用してください。

4.完成

にじんだ感じが出ましたね。見比べると印象が変わったのがわかりますね。

明朝体に限らず、ゴシック体でも表現できますのでお試しあれ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

mororeco > Illustrator > 【Ai】筆で書いたような墨溜まりのつくりかた