0

デザインを超えた視野を持て。

デザインを超えた視野を持て。

デザイナーというのは、ただ見た目を飾るために存在するのではない。デザインという仕事の領域がどこまでか?を決めるのはその人次第。

あなたはどんなデザイナーに憧れて、
デザイナーという仕事に就きましたか?

見た目を良くするだけがデザインではない

Webデザイナーという職種にについて考えてみると、デザイン制作をするということが主な仕事であるのは事実。ですが、Web制作における目的を考えると、納期がゴールではなく、その先のコンバージョンが達成されて仕事をしたと考えるべきだ。

それは、マーケティングやSEO担当の仕事でしょ?と平気で言うデザイナーはデザインだけしていればいい。しかし、デザインという分野を超えた視野を持つデザイナーと、枠の中だけでデザインをするデザイナーとでは、1年先、いあ半年先にも大きな差が生まれてくるだろう。

Web制作とは、顧客の「モノやサービス」を販売するという目的の一手段に過ぎない。
それを本書『リアルウェブ営業術(WAVE出版、岩井 宏太著)』では、わかりやすくこんな風に例えています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リアルウェブ営業術 あなたのウェブサイトはきちんと稼いでいますか? [ 岩井宏太 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/2/5時点)

楽天で購入

時間をうまく管理するためには、時計というツールが役に立ちます。しかし、時計を買ったら時間が増えるかといえば、決してそんなことはありません。

いかにして、商材を売るか?売れるルールを確立できるか?

デザインという観点からのみでは、決して知ることのできない複雑なルール。これが正解!といった方程式もない中で、いくつもの比較テストを行いながら、より多くのお客様に商品・サービスを購入して頂くという裏側の作業や、考え方を知る良い機会になります。

Webデザイナーという枠からその外側に視野を広げて、Web制作をしていかなければ、これからの時代はデザイナーとしてやっていくのは難しいでしょう。

出来ることからコツコツとで良いと思いますが、営業でなくとも知っておくべき知識が沢山詰まっています。他のデザイナーと差をつけたいという方は是非読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

mororeco > DESIGN > デザインを超えた視野を持て。