0

放射状の模様をつくるシンプルな方法

放射状の模様をつくるシンプルな方法

キャンペーン画像などを作成する際に、目を引きやすく簡単に賑わい感を表現するのに適した「放射」ですが、時間が限られた中でササっと作ってしまいたい。そんなこともあるかと思いますので、試してみてください。

 

 

▼完成品はこちら

radial-green

 

それでは、作り方を見ていきましょう。

1.円を描きます

 

サンプルとして新規ドキュメントを「W300mm H300mm」の場合で説明します。

楕円ツールを選択し、正円(塗り:ナシ/線:黒)を描きます。(Shift+ドラッグで正円が描けます。)

円を描きます

 

2.線の設定を変更

 

線の設定を「100mm」とし、破線にチェックを入れて「線分2.5mm」「間隔2.5mm」にします。

線の設定を変更

 

3.完成

 

はい!これで完成です。

完成

 

これだけでは味気ないので、少しサイズを変えてみましょう。

4.バリエーション

 

線の設定を「100mm」とし、破線にチェックを入れて「線分10mm」「間隔10mm」にしてみます。

バリエーション

 

すると・・・

完成2

放射の模様が太くなり、線の間隔も広がりました。

 

5.複数の放射模様を重ねる

 

線を利用したこの作成方法は、線を増やすだけで複数の放射を重ね合わせることができます。

線を重ねる

上の線を「100mm」、下の線を「150mm」とします。

そして、上の線を破線にチェックを入れて「線分3.5mm」「間隔2.5mm」「線分1mm」「間隔2mm」にしてみます。

上の線

すると少し変則的な放射が描けました。

 

次に下の線を破線にチェックを入れて「線分0.5mm」「間隔2mm」にしてみます。

下の線

これでふたつの線が重なり合うと、

重なる線

このような形状になります。

あとはドキュメントサイズなどの、放射を残したい形状で「クリッピングマスク」をかけます。

ドキュメントサイズ

右クリック→「クリッピングマスクを作成

クリッピングマスクを作成

おまけに線の色を変更すると、

色付け

このようになります。

あとはアレンジをして使ってみてください。

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

mororeco > Illustrator > 放射状の模様をつくるシンプルな方法