0

引用と転載って何が違うの?

引用と転載って何が違うの?

第三者が記載した文章、撮影した画像、描いたイラストなど、すでに公開されている書物や新聞、雑誌、Webなどを他の媒体物に載せることを「転載」と言います。また、誰かが執筆した書物の一文を抜き出して、自分のブログやサイト、SNSに記載することは引用と言います。

ですが、これだけでは違いがわかりませんよね?
まずその大きな違い何なのでしょうか?

それを理解するためにはまずは「引用」を理解していきましょう。

引用とは?

第三者の文章などを、自分の文章の中に組み込んで紹介することを指しますが、その引用には著作権法上に「引用の要件」があります。その要件は以下の通りです。

<引用の要件>

  • 公表された著作物であること
  • 「引用」であること
  • 「公正な慣行」に合致し、「引用の目的上正当な範囲内」であること
  • 出典を明示すること
  • 引用部分を改変していないこと

 

この要件を満たしていれば「引用」となり、満たさなければ「転載」となります。

ここで先程の要件の「引用であること」とありますが、引用の前提として、「自らの公表する文章を補足するために、第三者の文章を一部だけ抜粋して記載する」ことです。自分の考えを記述した文章よりも引用文の方が長ければ、それは「転載」に当たり「引用」ではありません。

転載とは?

次に、転載とは上の「引用」の要件を満たさない状態で、著作物を他の媒体に掲載すること。そして、この行為を無断で行ってしまうと、著作権者の複製権の侵害に当たります。

この場合は必ず、著作権者の「許諾」が必要になります。つまり、転載においては必ず「著作権者の許諾が必要です。補足としてこの転載には、引用のような要件が存在しません。よって引用に当たらなければ転載となります。

改めて説明すると、引用と転載の大きな違いは「著作権者の許諾が必要かどうか」ということ。さらには「無断転載禁止」と注意書きがある場合においても、引用の要件を満たしていれば、引用は可能です。

なんだかややこしい違いですが、引用の要件を満たせば引用となり、満たさなければ転載となるということを理解しておけば問題ないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

mororeco > 著作権について > 引用と転載って何が違うの?