0

ローカル環境にWordPressをインストールする

ローカル環境にWordPressをインストールする

前回の記事「WordPress用にXAMPPでローカル環境を構築する(Windows)」の続きになります。

WordPressは、ローカル環境であっても、ほとんどすべての機能が問題なく利用できますので、本番環境に公開する前に、ローカル環境で構築していきます。

WordPressを設置する

WordPressを日本語公式サイトから、最新版をダウンロードして、Zipファイルを解凍後、「C:¥xampp¥htdocs¥wordpress」に移動します。

WordPress日本語公式サイト

WordPressにアクセス

ローカル環境に設置したら、WordPressにWebブラウザからアクセスします。上記のフォルダにwordpressを設置していることを前提とすると「http://localhost/wordpress/」にアクセスすれば良いでしょう。(wp-config.php)は、手動で作成することもできますが、今回はWebページから作成することにし、左下の「設定ファイルを作成する」をクリックします。

設定ファイル

「さあ、始めましょう!」をクリックすると、各種情報を入力する画面になりますので、ローカル環境を構築した際に設定したデータ名などを入力します。

各種情報を入力する画面

「送信」ボタンで、データベース名などが合致していれば、

 インストールが実行可能

インストールが実行可能になります。

インストール

最後に、サイトのタイトルとログイン情報、メールアドレスを入力しします。

 インストールを開始

ログインします。

 ログイン

サイトが表示されれば「OK」です。

 wordpressサイトを表示

FTPのアカウントの要求を回避しておく

FileZillaの設定を行っていない場合、WordPressの管理画面からプラグインやテーマなどを追加しようとすると、FTPアカウントを求められる場合がありますので、これを回避するためにWordPressフォルダ内の「wp-config.php」をテキストエディタで開き、「/*編集が必要なのはここまでです!*/」の直前に下記一文を追記します。

 これで、インストールは完了です。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

mororeco > WordPress > ローカル環境にWordPressをインストールする