0

Googleアナリティクスをはじめた初心者のための基本用語リスト

Googleアナリティクスをはじめた初心者のための基本用語リスト

皆さんは、GoogleAnalytics(グーグル・アナリティクス)を利用していますか?

自分でWEBサイトやブログを運営している方のほとんどは、無料の「Googleアナリティクス」を活用していることと思います。

でも実際にサイトに組み込んでいるけれど、実は解析の見方がよくわからない!
PV数チェックしてニヤニヤしてるだけ!って人もいるかもしれません。

おそらく、その専門用語の意味がいまいちわかりにくい・・・というのが原因にあるのかもしれません。

実際のところ、

  • 横文字が正直いまいちわかってない
  • セッションとPVの違いが説明できない
  • セッションって音楽の話?
  • リファラって強いの?

 

こんな感じの人もいるのではないでしょうか・・・。

でも大丈夫!

そのGoogleアナリティクスにおける基本的な用語を理解していくことで、きっと今まで何となく意識していたことがあまり効果を成していなかったり、どうでも良いと思っていたことが実はかなり重要なことだったり、ということに気が付くことができると思います。

そうすることで今一度、自分のWEBサイトやブログを見直す良いきっかけになるんのではないでしょうか。

実際に、広く愛用されている無料ツール「Googleアナリティクス」ですが、適切にサイト内に組み込むことでアクセス状況を正しく把握し、サイトの問題点や改善点を見つけながらコンテンツを活性化させていきましょう。そのためにもまずは、その基本用語をひとつずつ理解していくことにしましょう。




ユーザー

自分のWEBサイトを訪れてくれた「人」。Aさんが記事を10ページ見てくれてもユーザー数は「1」になります。

 

セッション(訪問数)

ユーザーがWEBサイトを見始めてから他のサイトに移動するまでの流れ「セッション」と言います。

「わたしのWEBサイト」というサイトを訪問したユーザーが、「A記事」→「B記事」→「C記事」→「離脱」した場合、セッション数は「1」となります。

先程のユーザーが、他のサイトに移動してしまってから「30分以内」に再び「わたしのWEBサイト」に戻ってきた場合、セッション数はカウントされません。離脱後、短い時間内でサイトに訪問があった場合は、カウントされずに「1」のままになります。

逆に言えば30分以上の時間を空けて再訪問してきたユーザーは、カウントされてセッション数が「2」になります。

※30分以上の間、同じ記事をブラウザで開き続けているユーザーの場合「セッション終了」と判断されます
※30分以内にユーザーが次のアクションを起こさなかった場合は「離脱」とみなされます

 

平均セッション時間

ユーザーがWEBサイトを訪問してきてから離脱するまでの滞在している平均時間のこと。
こちらも直帰率と同じように、セッション時間が長ければ長いほどに、ユーザーがじっくりとサイトを見ている可能性が高くなると判断されています。

 

ページビュー数(PV)

WEBサイトに来たユーザーが、閲覧したページの数ページビュー(PV)と言います。
ページが表示される度(読み込まれる度)にカウントされるので、同じページの再読込みや、繰り返し訪れるユーザーなどもカウントされます。ひとりの人が100回「F5」で、ブラウザを更新すれば「100PV」になるということになります。

また、一度のアクセスにつき「平均して何ページ見られたのか?」というものを、「平均ページビュー(平均PV)」と言われます。

例えば、平均PVが10だとすると、一回のアクセスにつき平均10ページ見られているということになります。これを、良い結果として捉えるのか、逆にユーザーが見たい記事が見つかりにくくてWEBサイト内を行ったり来たりしているだけと解釈するか、それは運営者の判断になってきます。

※Aさんがサイト内の記事を10ページ閲覧した場合、ページビューは「10」になります。

 

直帰率

「直帰=そのまま帰る」という意味と同じように、WEBサイトにアクセスしてきたユーザーが、最初の見たページだけを見て、別のWEBサイトに移動してしまうこと「直帰」と言います。また、ユーザーが、自分のWEBサイトから別にサイトに移動してしまうこと、またはブラウザを閉じてしまうことを「離脱」と呼びます。

一般的な解釈として、直帰率が低ければ低いほど、ユーザーがページ内のコンテンツに知りたい情報があり満足している傾向にあると考えられています。

 

新規セッション率(New Visiter)

あなたのWEBサイトに初めて訪問したユーザーを「新規セッション(New Visiter)」言います。
仮に50人のユーザーが一日にあなたのWEBサイトを訪問したとして、そのうちの25人が初めて訪れた場合には新規セッション率は「50%」ということになります。

 

リターニングビジター(Returning Visiter)

ある指定した特定の期間内に、WEBサイトを2回以上訪問したユーザーを「Returning Visiter」言います。

 

コンバージョン(CV)

ECサイトで言えば、商品を購入したユーザーのこと。その他には「会員登録」や「資料請求」、「お問い合わせ」などもコンバージョンとして考えられます。そのサイトごとの、目的となるゴールに行き着くことになります。

 

離脱ページ

ユーザーがいくつかのページを見た後に、最後に別のWEBサイトに移ってしまった場合の、直前のページのことを言います。ECサイトなどで、商品の購入ページまでアクセスがあるものの離脱するユーザーが多い場合には、購入ページにおいてのコンテンツ設計に問題があると考えられます。

 

離脱率

ユーザーがいくつかのページを見た後に、最後に別のWEBサイトに移っていってしまった割合を言います。ある特定のページの離脱率が目立って高い場合、そのページには何か問題があると考えられます。

 

ページ別訪問数

ページごとの訪問数を指します。
一度の訪問において何度も同じページがアクセスされた場合には、複数アクセスの回数は「1」のままになります。

 

リアルタイム

今、現在進行形であなたのWEBサイトを訪れているユーザーのアクセス数のレポートのことを「リアルタイム」と言います。

 

コンテンツ

あなたのWEBサイト内の、それぞれのページのことを「コンテンツ」と言います。ブログで言えば「ひとつの記事がひとつのコンテンツ」ということになります。

 

参照元

あなたのWEBサイトに来る前の元になったサイトのことを「参照元」と言います。

 

オーガニックサーチ(Organic Search)

GoogleやYahoo!などの検索エンジンでユーザーがキーワード検索をして、検索結果として表示されたURLの中から選択して訪問したことを示します。このOrganic Searchからのセッションが多ければ、WEBサイトや記事の検索順位が高評価であると言えるでしょう。

Organic Search検索において上位表示させるためには、質の良い情報が含まれたWEBサイトにしていかなければなりません。よく耳にする「検索エンジン最適化」と言われるSEOは、このOrganic Search検索においての検索上位を目指すものと言えます。

そのためには、アクセス解析を分析し、ユーザーがどのような検索キーワードから自分のWEBサイトにたどり着いたのか、またどのページを閲覧したのか、またECサイトなどでは、どの商品を購入したのかを観察することが大切になります。

 

トラフィック

WEBサイトにアクセスしてきたユーザーが、他のどのWEBサイトやSNS、検索から来たのかを表します。

 

ソーシャル(Social)

SNSからWEBサイトへの訪問のこと。Facebook、Twitter、はてなブックマーク、NAVER、mixiなどのソーシャルメディアからアクセスのことを言います。

 

リファラ(Referral)

他のWEBサイトから自分のWEBサイトに訪問してくることを言います。他社の運営するWEBサイトの記事内に、自分のWEBサイトへのリンクが貼られていることになります。feedly、ブログ村、人気ブログランキングなどもリファラとされています。

 

ダイレクト(Direct)

参照元のWEBサイトの見当たらない訪問を指します。ユーザーが直接URLを入力してアクセスしてきた場合や、ブックマークしているユーザーがそこからアクセスした場合にはダイレクトになります。他にもメルマガからのアクセスなどもこれに当たります。

 

ノットプロバイディッド(not provided)

Googleが検索キーワードの情報を提供しないアクセスのこと。プライバシー保護の観点から情報提供をしていない場合にあります。SSL通信の暗号化など。

 

ノットセット(not set)

Googleが何らかの理由によって情報を取得出来なかった場合にあります。よくある例としてリダイレクトやリスティングからの流入、スパムなどがあります。

 

このように基本用語でも数がありますね。似たような意味合いの語句がこんがらがってしまいそうですが、一旦ストンと理解してしまえば難しいことではないのかもしれません。また、忘れてしまったら読み返してみると「あ~そうだった」ってなるものですよね…。

Googleアナリティクスは間違いなく高機能で便利なツールになっています。色々な家電製品にも言えることですが、高機能を選んで買ってはみたものの、使いこなせていない現実っていうのも本当にもったいないことですよね。まずは、このGoogleアナリティクスからきちんと理解してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

mororeco > TOOL > Googleアナリティクスをはじめた初心者のための基本用語リスト