0

JavaScriptを基礎から!変数について…

 JavaScriptを基礎から!変数について...

今回は、JavaScriptを基礎からの続きで「変数」について見ていきたいと思います。

 

 

変数とは・・・簡単に言うとデータ入れておく箱と思ってください。

 

変数を使う場合は、まず名前をつけて宣言をします。

その書き方は、

変数を宣言

というふうにvarの後ろに任意の名前で宣言をします。

 

※変数に値を代入した変数を用意しコンソール画面に出力してみましょう。

変数に代入

 

▼変数名(hensu)に「変数はこちら!」という文字列を代入し、コンソール画面に変数(hensu)を出力します。

このように記述した結果がこちらです↓

ji3

 

※ちなみに、変数の宣言と代入を一行で書く場合は下記のように記述します。

 hensu-image

 

複数の変数を用意する場合

変数を複数用意する場合は「,」で区切って記述します。

hensu-some

 

変数の種類(データ型)

  • 文字列
  • 数値
  • 真偽値 (true / false)
  • オブジェクト
    • 配列
    • 関数
    • 組み込みオブジェクト
  • undefined(定義されていない)
  • null(空)

 

 

数値を使う

数値

5(整数値)
3.5(実数値)
-3.5(マイナス値)

演算子

+

*
/
%

代入演算子

+=
-=

単項演算子

++

 

サンプル例

▼変数(x)に「10×5」の結果代入しコンソール画面に出力する

ji5

 

▼変数(x)に「10÷3の余り」の結果代入しコンソール画面に出力する

ji6

 

変数(x)に「10÷3の余り」を代入し、その後「xに10を足した」結果をコンソール画面に出力する

ji7

 

▼変数(x)に「2×3」を代入し、その後「xに+1を足した」結果をコンソール画面に出力する

ji8

 

文字列を使う

文字列

▼変数「a」に「こんにちは!」という文字列を代入し出力してみる。

ji9

 

文字列を2つ繋げる場合

▼変数(b)に「今日の天気は、」という文字列を代入し、その後変数(c)に「曇りのち晴れです」という文字列を代入し、結果をコンソール画面に出力する

ji10

 

文字列と数値を繋げる場合

「文字列」と「数値」を(+)でつなげて表示したい場合、数値は文字列として認識されますので注意してください。

 

変数(d)に「5」という文字列を代入し、その後変数(e)に「10」という数値を代入し、(d+e)の結果をコンソール画面に出力する

ji11

 

ここまで、変数についての初歩的なことをご紹介しました。次からは条件分岐についておさらいしていきます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

mororeco > JavaScript > JavaScriptを基礎から!変数について…