0

コンディショナルコメントの指定方法について…

コンディショナルコメントの指定方法について...

 

IEのブラウザチェックで古いバージョンに対し条件付きのコメントに用いる「コンディショナルコメント」というものがあります。これは「特定のバージョンのIEに対し○○を適用する」という指定の際に利用します。

 

 

条件付きコメント(じょうけんつきコメント)とは、Microsoft Internet Explorerによって解釈されるHTMLソースコード中にある条件付きのステートメントである。条件付きコメントは、マイクロソフトのInternet Explorer 5ブラウザーで初めて登場し、バージョン9までサポートされた。なお、バージョン10以降はこの機能は廃止され、他のブラウザと同様、単なるコメントとして扱われる事となった[1]。よって、「IEそのものを検出する」コメントは「IE9以下を検出する」コメントと同義になる。条件付きコメントは、Internet Explorerに対して、コードを渡したり隠したりするのに使用できる。

Wikipediaより抜粋

 

今では、IE8以下への対応として「html5shiv」や「IE9.js」や「css3.js」などを読み込んで、ブラウザのバージョン間での差異に対応しています。

 

基本記述方法

 

comment-style

 

compressionに指定できる値

lt 指定したversionより下のIEに適用
lte 指定したversionより以下のIEに適用
gt 指定したversionより上のIEに適用
gte 指定したversionより以上のIEに適用

featureに指定できる値

IE ブラウザの種類を指定(featureに指定できる値はIEしかない…)

versionに指定できる値

5,5.5,6,7,8,9 IEブラウザのバージョン

 

サンプルコード

特定のバージョンのIEにのみ「sample.css」を読み込むと仮定します。

 

IEすべて

 IE7のみに指定

 IE6以下すべてに指定

 IE以外に指定

 

ここで注意が必要ですが、このコンディショナルコメントは“IE10以降”に廃止されており、IE10以降のブラウザでは他のブラウザと同じようにただのコメントとして扱われ無視されてしまいます。

したがって、例えばIEすべてに指定というコメントを記述した場合、

 IE9以下すべてという条件と同等の解釈をされることになります。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

mororeco > HTML > コンディショナルコメントの指定方法について…