0

文字化け防止のために「文字コード宣言」は必ずしよう!

文字化け防止のために「文字コード宣言」は必ずしよう!

HTML文書で日本語を使用したファイルは、必ず「文字コード」を指定してから保存しましょう。また、HTML文書内において必ず「文字コード宣言」をすることを忘れないようにしましょう。

 

なぜ文字コードの宣言が必要なの?

簡単に言ってしまえば「文字化けをしてしまうから!」誰でも一度は経験があるんじゃないかと思います。ファイルを保存する際の文字コードとブラウザが読み取る文字コードが間違っていると必ずと言っていいほどこの文字化けが発生します。

そこでHTML文書内にブラウザに対しての文字コード宣言をすることによってそのミスを防ぐことができるようになります。

文字コード宣言の仕方

Shift_JISの場合

UTF-8の場合

これらのmetaタグをhead要素内の「できるだけ最初」に記述することで、ブラウザは文字化けせずに文章を表示してくれるようになります。

 

注意すること

  • 先程のmetaタグの記述よりも前に日本語を書かない
  • 宣言した文字コードと保存する際の文字コードを別にしない
  • 文字コード名の大文字と小文字は区別されないので同じ意味となる
  • 文字コードの宣言は一度だけにする

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

mororeco > HTML > 文字化け防止のために「文字コード宣言」は必ずしよう!